産業工芸科・生活文化科
産業工芸科では、将来の社会自立・職業自立に必要な基本的知識や技能の習得を目指して、木材加工を中心とした学習を行っています。生活文化科では、家庭生活に必要な基本的な知識の技能の習得を目指して、被服製作や調理などの実習を中心とした学習を行っています。

教科学習
高等学校職業科に準じた教育課程のほか、障害の種類や程度に応じて全部で6つの教育課程があります。個に応じた指導を通して、将来の社会生活に必要な基礎的知識、技能の習得を目指しています。


kyoka1 

自立活動
将来の自立と自己実現を目指して、障害に基づく様々な困難や自らの課題に主体的、継続的に取り組んでいます。

ワークトレーニング・作業学習
将来の職業自立・社会自立に向けて、基本的な知識や技能を身に付け、働く喜びと意欲を育てる学習を行っています。肢体不自由の教育課程における教科「社会参加」の科目「ワークトレーニング」では、カフェの企画・運営をはじめ軽作業やビジネスマナーの学習を行っています。肢体不自由の作業学習は「ハンドメイド班」として生活小物作りやリサイクル作業を行っています。知的障害の生徒は学科別に産業工芸科の生徒は「クラフト班」で木工製品作り、生活文化科の生徒は「スイーツ班」でスイーツづくりを行う他、全員で「オフィスサービス班」として清掃活動や事務的作業を行っています。

就業・生活体験
将来の社会生活・職業生活に必要な知識・技能・態度及び習慣を身に付けるために、一般企業や福祉施設の協力を得て、就業・生活体験を行います。1年生は11月に、2年生は6月と11月に、3年生は6月とそれぞれ必要に応じて実施しています。